“篁村君”の読み方と例文
読み方割合
くわうそんくん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毎号一篇せる小説雑誌を出したいとふ話、そこで新著百種けて、初篇を書く事につて、二十二年の二月に色懺悔を出したのです、のや面会したのも、篁村君つたのも
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)