“笴”の読み方と例文
読み方割合
やがら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
石鏃製造るに悉皆固着されしにはあらずして、餘分の物は種々の入れ物にかれしものと見ゆ。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
コロボックル遺跡に石鏃の現存するは、間接に彼等が、弓及び絃を有せし事をするものと云ふべし。矢には羽根を付くる事有りしやふるに由無し。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
本邦に於ては未だかる發見物無しと雖も石鏃の根底部或は把柄木脂を付けたる痕を留むる物往々有りて能くを固着せし状を示せり。矢有れは弓有り、弓有れば有り。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)