“神則”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しんそく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神則”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いつの世からか、皇室と武門とのあいだは、建国のときの神則しんそく、天皇の兵は治安を守る防人さきもりであり、軍は国の御楯みたてであり、剣は我を磨き人を生かす愛ですらあった本質からわたくしにうごきみだれて、時には分離し
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)