“礫道”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こいしみち50.0%
ざりみち50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“礫道”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かなしきは人間のみち牢獄ひとやみち馬車のきしみてゆく礫道こいしみち
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
礫道ざりみちの端を歩みきたれり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ゆめゆめ今日は逢ふべきをりならず、つらくとも思止まんと胸は据ゑつつも、彼は静緒をすかして、邸内やしきうちを一周せんと、西洋館のうしろより通用門のわきに出でて、外塀際そとべいぎはなる礫道ざりみちを行けば、静緒はななめに見ゆる父が詰所の軒端のきばして、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)