“礫地”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いしじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“礫地”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
試みに君が武蔵野むさしの辺の緑を見た眼で、ここの礫地いしじに繁茂する赤松の林なぞを望んだなら、色相の相違だけにも驚くであろう。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)