“真帆片帆”の読み方と例文
読み方割合
まほかたほ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雪の夜より七日余り経ちぬ。夕日影あざやかに照り四国地遠く波の上に浮かびて見ゆ。鶴見崎のあたり真帆片帆白し。川口のには千鳥飛べり。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)