“直命”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じきめい66.7%
ちょくめい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“直命”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それは、話さぬと申す訳ではないが、殿様より直命じきめいをうけてまいった大事……路傍ろぼうではちとおそれ多い気も致してな」
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「で、これは家康公の直命じきめいにひとしいのだから、鉱山へいくとちゅうで、イヤのおうのとしぶるやつは、ようしゃなくッたるからさよう心得こころえろ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「それは、桑名くわなのご陣にある、秀吉公ひでよしこうからの、直命ちょくめいでござる。殿のおおせには、このたび伊那丸さまのご上洛じょうらくこそよきおりなれば、ぜひ一どお目にかかったうえ、ながらくおあずかりいたしているしなを、手ずからお返し申したいとの御意ぎょい、なにとぞ、ご同道のほどくださいますように」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)