“百万遍”の読み方と例文
旧字:百萬遍
読み方割合
ひゃくまんべん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おふくろは近所に百万遍があって、あかりがくとすぐに出て行ったから、四つ過ぎでなければ帰るまいとのことであった。
両国の秋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
伯父夫妻は明智の手を取らんばかりにして、上座に据え、お礼の百万遍を並べる。それは大変でした。無理もありません。
黒手組 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
何処か近くの家で百万遍の念仏を称え始める声が、ふと物哀れに耳についた。蘿月はた一人で所在がない。退屈でもある。薄淋しい心持もする。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)