“白綾子:しろりんず” の例文
“白綾子:しろりんず”を含む作品の著者(上位)作品数
島崎藤村1
泉鏡花1
“白綾子:しろりんず”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
双子ふたこの着物に白ッぽい唐桟とうざん半纏はんてん博多はかたの帯、黒八丈の前垂まえだれ白綾子しろりんずに菊唐草浮織の手巾ハンケチうなじに巻いたが
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
まんじくずしの紗綾形さやがた模様のついた白綾子しろりんずなぞに比べると、彼の目にあるものはそれほど特色がきわだたないかわりに、いかにも旧庄屋風情ふぜいの娘にふさわしい。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
PR