“清河”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せいか75.0%
きよかわ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
始めは清河崔氏と一しょになりました。うつくしいつつましやかな女だったような気がします。そうしてる年、進士の試験に及第して、渭南になりました。
黄粱夢 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
以前、清河県の大金持ちの家に小間使いをしていた時から、あのはお針が上手なんですとさ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かねて近隣に志操気概を謳われていたが、文久元年清河安積等九州遊説の別働隊、備前人藤本鉄石の遊説をもって深く志士と交わり、翌二年二月朔日付、京都の鉄石からの書翰に
志士と経済 (新字新仮名) / 服部之総(著)