“洋墨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
インキ66.7%
いんき33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なかなかもって、アテナ洋墨や、日用品の唐墨の、筆、ペンなどでは追っつきそうに思われぬ。彫るにも刻むにも、だ。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
原稿の上に額の汗が落ちて洋墨の滲むやうな事も度々ある有樣は、なさけなくもあり、又悲壯でもあつた。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
ると、玉川の上流、青梅あたりの空に洋墨色の雲がむら/\と立って居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)