“機転”の読み方と例文
旧字:機轉
読み方(ふりがな)割合
きてん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“機転”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
秀吉が目をつけたところは、彼の機転きてんを見て、その才能に期したのであるが、やがて卵殻らんかくを割った雛鳳すうほうは、見事、それを裏切らなかった。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし気づかれずに大きな生徒たちをやりすごせたのは、じつにマスノの機転きてんであった。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)