“機織場”の読み方と例文
読み方割合
はたおりば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕が居ない時は機織場で、僕が居る内は僕の読書室にしていた。手摺窓の障子を明けて頭を出すと、椎の枝が青空をって北をうている。
野菊の墓 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
「ああ、あるよ。この向うの精米所と、それからこっちの機織場と。妙な事を聞くね」工夫の一人は不審そうに森君を見た。
贋紙幣事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
天照らす大神が清らかな機織場においでになつて神樣の御衣服を織らせておいでになる時に、その機織場の屋根に穴をあけて斑駒の皮をむいてし入れたので