“木桟”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もくさん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“木桟”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
カランと堂の中でひびいたのは、木桟もくさん繩梯子なわばしごでも空洞からどうろしたような木の音です。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
深夜の冷たい街路には、木桟もくさんの目隠し窓をつけた監獄かんごく馬車が、青い角燈をともして待っていた。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)