“唐桟木綿”の読み方と例文
読み方割合
とうざんもめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吉宗自身、着ものは、袴も唐桟木綿、食事も田舎好みときめ、大奥、表とも、質素をむねとし、諸民一般へも、同様な素朴と健康な耐乏を求めたので、その評判も、おもしろくない。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)