“春星”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅんせい66.7%
しゆんせい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“春星”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
仰数あおぎかぞう春星しゅんせい一二三の句を得て、石磴せきとうを登りつくしたる時、おぼろにひかる春の海が帯のごとくに見えた。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
観海寺の石段を登りながら仰数あおぎかぞう春星しゅんせい一二三と云う句を得た。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
春星しゆんせいかげよりもかすかに空をつゞる。
花月の夜 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)