“昇汞水”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうこうすい81.8%
しようこうすゐ18.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし先生の鍛錬にはいつも敬意を感じている。先生は或時博物学教室へ行き、そこにあったコップの昇汞水を水と思って飲み干してしまった。
本所両国 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
死屍室から出て来た伝染病科長は、廊下に据付けの桃色の昇汞水の入った手洗の中に両手をけながら独り言を云った。そこへ細菌科長が通りかかった。
(新字新仮名) / 海野十三(著)
しかし先生の鍛煉にはいつも敬意を感じてゐる。先生は或時博物学教室へき、そこにあつたコツプの昇汞水を水と思つて飲みしてしまつた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
さうして醫員がタオルで手を拭つてゐるところへ、昇汞水に浸した脱脂綿を持つて來た。
嘘をつく日 (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)