昇汞水しようこうすゐ)” の例文
しかし先生の鍛煉にはいつも敬意を感じてゐる。先生は或時博物学教室へき、そこにあつたコツプの昇汞水を水と思つて飲みしてしまつた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
さうして醫員がタオルで手を拭つてゐるところへ、昇汞水に浸した脱脂綿を持つて來た。
嘘をつく日 (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)