“早利即利兄弟”の読み方と例文
読み方割合
そうりそくりきょうだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姫やの顔、女房る声、京極屋形の庭の景色、天竺早利即利兄弟震旦一行阿闍梨、本朝の実方朝臣、——とても一々数えてはいられぬ。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)