“族弟”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぞくてい50.0%
ゾクテイ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“族弟”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「張松、法正、孟達たちのすすめにまかせて、蜀にり入らんか、当然、劉璋は亡び去ろう。彼は、いつもいうように、わが族弟ぞくてい。玄徳、同族の者をあざむいて蜀を取れりといわれては、予が今日まで守ってきた仁義はなくなる。小利のため、大義を天下に失うはつらいというのだ」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
族弟ゾクテイ劉璋、再拝。一書ヲ
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)