“斑蝥”の読み方と例文
読み方割合
はんみょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
葛上亭長芫青地胆、三種合わせた、猛毒、すべき斑蝥の、最も普通な、みちおしえ、魔のいた宝石のように、炫燿と招いていた。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その花の影、水岸に、白鷺が一羽居て、それが、斑蝥——人を殺す大毒虫——みちおしえ、というんですがね、引啣えて、この森の空へ飛んだんです。
神鷺之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
斑蝥だ。斑蝥が留っていた。
神鷺之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)