モタ)” の例文
時々頭をげると、いつも此少年の目に触れた。大学病院へ通つてゐましたか、ぐらゐの話を、人みしりする私でもしかけて見たくなつた程、好感に充ちた無言であつた。
雪の島:熊本利平氏に寄す (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
磨かれぬ智慧を抱いたまゝ、何も知らず思はずに、過ぎて行つた幾百年、幾萬の貴い女性の間に、の花がぽつちりと、莟をげたやうに、物を考へることを知りめた郎女であつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
磨かれぬ智慧を抱いたまゝ、何も知らず思はずに、過ぎて行つた幾百年、幾萬の貴い女性の間に、の花がぽつちりと、莟をげたやうに、物を考へることを知りめた郎女であつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
かれぬ智慧を抱いたまゝ、何も知らず思はずに、過ぎて行つた幾百年、幾万の貴い女性の間に、の花がぽつちりと、げたやうに、物を考へることを知りめた郎女であつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
此は、横佩家へも出入りし、大伴家へも初中終來る古刀自の、人のわるい内證話であつた。其を聞いて後、家持自身も、何だか好奇心に似たものが、どうかすると頭をげて來て困つた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
此は、横佩家へも出入りし、大伴家へも初中終來る古刀自の、人のわるい内證話であつた。其を聞いて後、家持自身も、何だか好奇心に似たものが、どうかすると頭をげて來て困つた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
此は、横佩家へも出入りし、大伴家へも初中終来る古刀自の、人のわるい内証話であつた。其を聞いて後、家持自身も、何だか好奇心に似たものが、どうかすると頭をげて来て困つた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)