“撃死”の読み方と例文
読み方割合
うたれし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山の地勢と日のすとによりてなだるゝとなだれざる処あり、なだるゝはかならず二月にあり。里人はその時をしり、処をしり、るゆゑに、なだれのために撃死するもの也。