“摺芋”の読み方と例文
読み方割合
すりいも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と頼めばて持ちる膳部の外に摺芋鷄卵を掛けたるを下物として酒を持ち來り是は明日峠を目出度越え玉はんことをぎたてまつるなり味なしとて許されて志しばかりを
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)