“損料蒲団”の読み方と例文
読み方割合
そんりょうぶとん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春見は煎餅のような薄っぺらな損料蒲団を掛けてに、又作はぐう/\と巨蟒のような高鼾で前後も知らず、寝ついた様子に、春見は四辺を見廻すと、先程又作がした