“揚取”の読み方と例文
読み方割合
あげと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
引挾み親方骨柳が重さうに見えるか今日は朝から一文にもならず少々揚取らせて給はれと骨柳に手を掛るを傳吉其手をひ中仙道をけ年中往來する我等小揚取らせることはない串戯
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)