“提皮包”の読み方と例文
読み方割合
さげかばん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此の辺の人の持たぬ貴夫人持ちの提皮包である、秀子が昨夜此の様な皮包を提げて居たか否やは覚えぬけれど、若しや秀子が草花屋へ立ち寄って此の小僧に何か買物を托したでは有るまいかと思い
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)