“掻金”の読み方と例文
読み方割合
かきがね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おろおろしつつも庭の柴折戸進寄り音せぬように掻金をはずすと、ら開く扉の間から物腰のやさし気な男が一人手拭に顔をかくしわぬばかりに身をかがめて忍び入った。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)