“掻広”の読み方と例文
読み方割合
かきひろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と声を掛け、仕切の板に手をきて、われを呼びたるは国麿なり。三ツばかり見ゆるまで、胸を広く掻広げて、袖をもまでし上げたる、燃立つごとき襯衣着たり。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)