“掻交”の読み方と例文
読み方割合
かきま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのを二升瓶に貯える、生葱を刻んでね、七色唐辛子を掻交ぜ、掻交ぜ、片襷で練上げた、東海の鯤鯨をも吸寄すべき、恐るべき、どろどろの膏薬の、おはぐろ
開扉一妖帖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)