“捨撥”の読み方と例文
読み方割合
すてばち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
捨撥にしてからは恐ろしき者にいうなる新徴組何のい事なく三筋取っても一筋心に君さま大事と、時をり世を忍ぶ男を隠匿し半年あまり
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)