“挽木”の読み方と例文
読み方割合
ひきぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
などという句があるから、当時すでにこの「地がら」をもそうっていたのである。次には挽木を取附けた籾摺臼、是は籾殻を出すので殻臼だなどと謂う説もあるが、根っから当てにはならない。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)