“挽夫”の読み方と例文
読み方割合
ひくもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
過ぎ曲折して平地にれば即ち長久保なり宿家並よく車多し石荒坂にて下駄黨も草鞋派も閉口したればより車に乘る此邊平地とは云へ三方山にて圍ひ一方は和田峠に向ツて進むなれば岩大石ゴロタ石或ひは上り或は下る坂とまでならねど凸凹多く乘る者は難儀なれど挽夫は躍るもガタツクも物とは
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)