“振通”の読み方と例文
読み方割合
ふりとほ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで父と衝突だ。父はもう期限が來たからと謂ツてしく義務の實行を督促する、周三は其様な義務を擔はせられた覺は無いと振通す。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)