“指半月”の読み方と例文
読み方割合
つめのね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女の指先の紅らみの中に浮き出てゐたりとした指半月、豊な彼女の唇を縁づけるるやうな繊細な彎曲、房々と垂れた彼女の髪のな動揺と光沢
静物 (新字旧仮名) / 十一谷義三郎(著)