“持萩”の読み方と例文
読み方割合
もちはぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
持萩中納言の息女であったとか、彼は中納言保広落胤であるとか、織田被官の足軽から帰農した百姓弥右衛門の子というのがであるとか、噂や蔭口もまちまちであったが
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)