“拳頭”の読み方と例文
読み方割合
けんとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も幾年の学びたる力一杯鍛いたる腕一杯の経験修錬まき起って沸々と、今拳頭り、も忘れ果て、心は渡る不乱不動の精進波羅密、骨をも休めず筋をも緩めず
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)