“押圧”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうあつ66.7%
おっぺしょ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“押圧”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし、四国攻めの羽柴勢は、ひとりこの鳴門渡しの一陣だけでなく、べつに山陽道から内海をこえて、四国の西北面を押圧おうあつしている大兵もあった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして精力的で傲岸ごうがんな体臭が一見、相手を押圧おうあつせずにおかないものとなっている。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
よう新吉さんをけえしておくんなさいよ、新吉さんを帰しておくんなさいよと云って、己が胸を押圧おっぺしょれる時の、こええの怖くねえのって
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
PR