“おうあつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
押圧100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、四国攻めの羽柴勢は、ひとりこの鳴門渡しの一陣だけでなく、べつに山陽道から内海をこえて、四国の西北面を押圧おうあつしている大兵もあった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして精力的で傲岸ごうがんな体臭が一見、相手を押圧おうあつせずにおかないものとなっている。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)