“折木”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へぎ66.7%
をれき33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“折木”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこいらには煙草の吸殻や、菓子の包んであったらしい折木へぎや、まるめた紙屑や、欠けた瀬戸物類が一面に散らばっていた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
といいながら懐から折木へぎに包んだ大福を取出して、その一つをぐちゃぐちゃに押しつぶして息気いきのつまるほど妻の口にあてがっていた。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
しら樺の折木をれきを秋の雨うてば山どよみしてかささぎ鳴くも
舞姫 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)