“悪童”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あくどう50.0%
ランファン・テリーブル50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もっとも、蛾次郎の身にとってみれば、甲府安危よりは、この独楽一が大事かも知れない。だれか、かれを悪童とよぶものぞ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)