“怯惰”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょうだ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“怯惰”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
性来の庸愚ようぐ怯惰きょうだ、——剣戟けんげきの音を聞いただけで唇が乾いて胸がドキドキするような男だから、血刀をひっさげて戦場を駈け廻るなぞということはもってのほかである。
本所松坂町 (新字新仮名) / 尾崎士郎(著)
むしろ病めば病むほど、傍人ぼうじんの案じるのをも押して、軍務に精励してやまない彼であった。近頃聞くに、敵の軍中には、また気負うことさかんなる将士が、大いに司馬懿しばい怯惰きょうだを罵って、
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)