“心咎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こころとが50.0%
こころとがめ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真暗な闇の間を、颶風のような空気の抵抗を感じながら、彼女は落ち放題に落ちて行った。「地獄に落ちて行くのだ」を裂くような心咎めが突然クララを襲った。
クララの出家 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
主婦懐中へ入るようで、心咎がしてならないので、しばらく考えていましたがね。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)