“御鉏友耳建日子”の読み方と例文
読み方割合
みすきともみみたけひこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おおせに従わない悪者どもをき従えてまいれとおおせになって、ひいらぎのをおけになり、御鉏友耳建日子という者をおつけえになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
またきて倭建の命に、「東の方十二道の荒ぶる神、またはぬ人どもを、言向けせ」と詔りたまひて、吉備等が祖、名は御鉏友耳建日子を副へて遣す時に、比比羅木八尋矛を給ひき。