“御夢”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おんゆめ50.0%
みゆめ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御夢”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
暁の御夢おんゆめをおどろかし奉ったことすら恐懼きょうくにたえないのに、このままわれらが合戦に及ぶにおいては、金枝玉葉きんしぎょくようの御身にいかなるお怪我けがや思わざる不敬あるやもはかがたい。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大政おほまつりごとしげくして、西なる京へ君はしも、御夢みゆめならでは御幸みゆきなく、比叡ひえいの朝はかすむ共、かもの夕風涼しくも、禁苑きんゑんの月ゆとても、鞍馬の山に雪降るも、御所の猿辻さるつじ猿のに朝日は照れど、からすむくこずゑに日は入れど、君は来まさず。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)