“廉恥心”の読み方と例文
読み方割合
れんちしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
忠君なり廉恥心なり仁義道徳もただにの子弟の守るべきものでなく、いやしくも日本人に生れたもの、この世に生をけた人類はく守るべき道なりと教えるのは
平民道 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
今も、やはりその廉恥心から、兵馬は、無理をして起きなければならないと感じたのです。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
万物の霊長であり、したがって廉恥心も自然にわっているものなれば、よろしくんずべきものなりとの意味をいいあらわし、動物に対して人の尊重すべきを示したものである。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)