“破廉恥漢”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はれんちかん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“破廉恥漢”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 箴言 アフォリズム 寸言6.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
長崎に、温泉うんぜんの山に、大村の刑場に、殉教の美しい血を惜しまなかった幾多の聖徒の名をけがす破廉恥漢はれんちかん
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
我我の悲劇は年少の為、或は訓練の足りない為、まだ良心を捉へ得ぬ前に、破廉恥漢はれんちかんの非難を受けることである。
侏儒の言葉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)