“庸人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ようじん75.0%
つねびと25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一日弓を彎いた弦音以てのほか響いてにあった姙婦を驚かせ流産せしめ、その夫の梵士怒って、爾今、羅摩、庸人になれと詛う。それより羅摩生来の神智を喪う。
る時は必ず其眞僞るゝとなる哉然れ共萬一庸人の奉行となりて強情奸曲の者を調べるに於てを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)