“幾多:あまた” の例文
“幾多:あまた”を含む作品の著者(上位)作品数
中原中也1
百瀬慎太郎1
細井和喜蔵1
黒部溯郎1
“幾多:あまた”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そうしてうす暗い夜の世界がべられると蝙蝠こうもりのように夜だけ羽をひろげて飛び廻る女供を狙う幾多あまたの男が、何処からともなく寒いのも打ち忘れてぞろぞろと出て来る。
女給 (新字新仮名) / 細井和喜蔵(著)
幾多あまた々々の孤児の手は、
其処そこには幾多あまたのモダン・ウィンパーが、そのルックサックに、都会の文化を一ぱいに詰め込み、肩に掛けたザイルに軽い憂鬱を漂わせ、雑踏に処して他人の邪魔にならない程度の気の利いたピッケルの持ち方をして、さて、重い登山靴をしかも大股に、朗らかな足どりでコンクリートを鳴らしている姿を見るであろう。
案内人風景 (新字新仮名) / 百瀬慎太郎黒部溯郎(著)