“幽世”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かくりよ75.0%
カクリヨ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“幽世”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
吾が觀るは幽世かくりよならず朴の葉に月出で方の黄の火立ほだちなり
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
吾が観るは幽世かくりよならず朴の葉に月出で方の黄の火立ほだちなり
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
幽世カクリヨに入るとも、吾は 現世ウツシヨに在るとひとしく 歌をよむのみ
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
物皆を 立つ雲霧と思へれば、見る目 嗅ぐ鼻 幽世カクリヨと同じ
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)